スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


小林泰三 人造救世主 アドルフ・クローンが出てたらしいよ・・・


人造救世主 アドルフ・クローン



相変わらず何を目指してるのか分からない表紙です。
っていうか毎回毎回、表紙の女誰なんだよ!!

1巻で眩暈がしつつがんばって2巻も読んだんですが、はっきり言って全然面白くなかった。
本来は読まずにこういうこと言っちゃだめなんでしょうが・・・3巻もたぶん面白くないと思う。

まぁ・・・買ってみますけど・・・
本当はこういう形で先生に潤って欲しくないのです・・・
熱心なファンとして頑としてちゃんと不買を・・・
くやしい・・・でも購入しちゃう・・・(ビクビクッ)
まぁこのお金が先生の次の作品へのモチベーションに繋がれば、と思えばこそですね。
こういうのは投資なんだと思いますよ。
うん、何様だろうね僕。

まぁ小林泰三(コバヤシタイゾウ)先生ではなく、小林泰三(こばやしやすみ)先生の本も近日出ますし
そっちを楽しみにしたいなぁと。大きな森の小さな密室ですかぁ。はぁん。


スポンサーサイト

テーマ : 読書感想文
ジャンル : 小説・文学

人造救世主届かねぇぇ

一体いつ届くんだよ!!!!


とamazonに怒りの問い合わせをして、もうこの怒りは血を見る事も辞さない!まことに遺憾!
と思ったらカートに入れたまま注文していなかった・・・

僕の休日の唯一の予定が・・・仕方ないのでスティーヴン・キングの"霧"を読むことにします。
読み終わったらGEOで映画ミスト借りてこようっと。




テーマ : 読書感想文
ジャンル : 小説・文学

小林泰三 人造救世主 ギニー・ピッグスが出るよ!

人造救世主_ギニー・ピッグス

蔵書が増えるよ!
というかまたこの手の表紙なんですね・・・タイゾウ先生はどこに向かわれているのか・・・

多分、小林泰三(ヤスミ)先生と、小林泰三(タイゾウ)先生は、"藤子不二雄(FとA)"や"ジキルとハイド(156cm)"のような関係にあるのだと思います。

藤子・F・不二雄が夢のあるライトな絵柄・作風に対し、藤子不二雄Aがどろどろした画風・内容であるように、
そしてジキル博士が賢明で社交的な人物であるのに対し、ハイド氏が醜くおそろしい人物であるように、
きっと、ヤスミ先生は難解で深みのある物語を書くのに対し、タイゾウ先生は軽くポップでジュブナイルな物語を
書くのでしょう。うん、そうだ。そうに違いない。
まぁ本当にそうだとしても早くヤスミ先生に戻ってください。

って明日発売ですやん。あぶなかったわ。



テーマ : 読書感想文
ジャンル : 小説・文学

天体の回転について(泰三氏の行き先について)

10年ほど前に"酔歩する男"を読んで以来、僕が愛して止まない小林泰三(こばやしやすみ)先生の文庫本新刊が出ましたよー!
前回はラノベっぽい表紙で愕然としたけど今度はどうかなー!
えへへ、先生今回はちゃんとハードSFな表紙に戻ってますよねー^^












ふざけんなよタイゾウ

一体どういうことですか?あなたはいつからこういう下種な表紙に頼るようになったんですか!?ラノベじゃあるまいし、こんな表紙がなくても売れる才能があるじゃないですか!マクロス風に言えば、君には歌があるじゃないか!SFがあるじゃないか!もう本当にヤックデカルチャ!

最近の先生の迷走振りには、もうついていけませんな!もちろん読みますけどね!一生付いていきます!

・・・でもガチでこういう路線は要らないよ・・・
収入うpのためにヲタを寄せるのはいいんですけど、ちゃんと本業のSFも書いてくださいね!



しっかし表紙が某ボーカロイドっぽいのは気のせいですかね。

追伸:なんかこの絵、へその位置おかしくね?

テーマ : 読書
ジャンル : 小説・文学

人造救世主の表紙ってさ

なんとなく読み直してて今気づいたんですけど、表紙ってメリーですね。
よく見ると覚悟のススメみたいなのゴテゴテついてて強化服っぽいです。

そうか・・・メリーだったのか・・・
作中で×××されたり○○○されたり、棒で▽▽▽されたりしたメリーだったのか。
うう・・・最後は■■■されちゃうし・・・やめてよ・・・女の子なんだから・・・

しっかしあまりに脈絡がなさすぎて全く気づかなかった。
すぐに気づいた人の方が多いかも知れないけどさ。
でも出てきてすぐに○▲□ような奴なんか表紙に使うなっつーの!!

つかもう萌え絵やめてよ・・・
クスン・・・

エロとグロは切り分ける、それが俺のジャスティス。

テーマ : 読書
ジャンル : 小説・文学

人造救世主の感想というかネタバレ2

結論から言うと表紙は全く関係なかったぜ。鱗でもなかったし。一体あの銀髪ボンテージは何だったんでしょう!?いや小説と切り分ければ大好きだけど。股間のデザインとかすばらしいね。

少々ネタバレしながら内容に少し触れると、組織で遺伝子操作を施された少女・ヴォルフィーが、唯一の”救世主”となるために、同様に生み出された救世主候補の少女達を時には殺し、その能力を奪ったりしながら目的に近づいていく、って話です。

登場時、ヴォルフィーが使える能力はタキオン粒子を操作して自分の周囲半径1mほどの空間を加速する”高速移動”と、体の周りにある物質を分子変換して再構成し状況に適したものに変えてしまうという”変身”なんですが、これはまだレベル1ってことで体の中の救世主遺伝子が覚醒していくと徐々に使える超能力が増えて行くのです。

ヴォルフィーは社会科見学に訪れていたエロ中学生、ひとしとアメリカ人留学生ボビー・通称ジーンズの二人に変身した所を見られてしまい、二人がその秘密をバラしてしまわないか監視するために、二人の学校の名簿と最低限の人間の記憶を改竄し、転校生として入学し行動を共にする事に。(記憶操作できるなら二人から記憶を消せって感じですが、記憶の付加は容易でも削除は容易ではないのです!すごいね!人体!)
「か、勘違いしないでよね!私はあなたたちといるのが楽しいんじゃ無くて、ただ監視してるだけなんだからね!」
とツンデれながらも、組織の研究室では無縁だった”友人”の存在を楽しむヴォルフィー。

しかしその楽しみもつかの間、組織からの刺客がヴォルフィーに迫ります。
「見つけたわヴォルフィー。・・・いえ、出来損ないの”一桁”!お父様達を裏切る者には死を!」
「出来損ない?一桁?あいつは一体何を言ってるんだいヴォルフィー?」
「・・・黙って。今はあいつを倒すのが先よ。」
「そうだね。・・・死なないでヴォルフィー。」
「もちろんよ。行くわよ!へんし~ん♪メタモルフォーゼでビートアップ!ハートキャッチ!魔法少女プリティーヴォルフィー参上!★(ピロ~ン)」
「yeah!ヴォルフィーハ ホントウニ プリティーダゼ!ディックガ バッキバキ ダゼ!」
「ジーンズ、そんな実況どうでもいいよ。彼女の邪魔になら無いように安全なところに隠れよう!」
「Oh!ディックガ アシニ カラマッタ!」
「どんだけチンコでかいんだよ!ほら早く立って!」
「モウ勃ッテルヨ!」
「うるせー!」

二人を他所にヴォルフィーは苦戦するも、最後はだまし討ちで辛くも勝利を収めます。
「く・・・救世主たるもの目的のためには手段を選ばないということかしら・・・次はこうはいかないわよ・・・必ず・・・必ず組織の人間がお前を殺す。組織は裏切り者を絶対に許さないわ。たとえそれがただの出来損ないであって」
グシャッ
最後まで言い切る前にヴォルフィーの華奢な足が刺客の頭を踏み潰し、ブーツの底からはみ出た舌が痙攣します。

「終わったんだね、ヴォルフィー。」
「えぇ。でもこれからよ。私たちの戦いは・・・」
ボロボロのコスチュームのまま夕日に目をやるヴォルフィー。
「ヴォルフィー・・・」
「あらジーンズ、珍しく真面目な顔ね。ふふ、心配してくれてたの?」
「パンティー見エテル・・・」
「え?いやぁぁあん!」
「ヴォルフィー!モウ我慢デキナーイ!」
「おっ落ち着けジーンズ!せめて三人で!僕もまぜてー!」

「1号は22号を撃破。残る手駒はあと246体・・・ふふ、期待しているよ”ヴォルフィー”」
と3人を見つめていた謎の男が去っていくところで、完結のようにも続刊するようにも思わせながらとりあえずは終了。

まぁ上の話は全部嘘ですけどね。
実際の人造救世主は買って読んで見てください。ハードボイルドでおもしろかっこいいですよ!
なんかすっごく打ち切り臭いと思ったらシリーズ化するみたいですね!刊行物が増えるよ!やったねたえちゃん!

また葵たんに会えるよ!





テーマ : 読書
ジャンル : 小説・文学

人造救世主の感想というかネタバレ1

25日に買ったままにしていた、小林泰三(こばやしやすみ)さんの人造救世主を読みました。
だってWが終わったからね。先週がさよならフィリップって感じだったからこりゃもうハンカチを用意して待ってたら王道っぽく終わっててあまり感動は無かったけど、まぁうまく纏めてたのかなって感じでした。
僕が最終回作るならこうですね。

自暴自棄になった翔太郎は昼間から酒ばかり煽るようになり、女としてみていなかった亜樹子にまで手を出すようになり、あれだけ尊敬していたおやっさんの忘れ形見ということも忘れて、酔った勢いでやりたい放題。やがて亜樹子は望まない子供を妊娠するも、事務所の資金では堕胎費用もままならない。

もしかしたら子供が生まれたら翔太郎君も生きる気力を取り戻すかもしれない。そんなDQN女典型のご都合思考にたどり着いた亜樹子はまずは金が必要だと思い、照井に身重でも働ける職を斡旋してもらおうとする。

しかし、ガイアメモリの犯罪もなくなり家族の復讐も果たしていた照井はすっかりやる気をなくし、裏金で私腹を肥やすゴミ刑事にまで落ちぶれ副業で風俗業にも手を出していた。亜樹子の話を聞いた照井は、亜樹子を妹のように思っていた事など忘れ時給2500円の事務職と偽り彼女をソープへ沈める。

若菜は退院後、ラジオのDJに復職し数年後に無名のDJの男と結婚した。

ガイアメモリはシュラウドの残したものを除いて消滅し、風都には平和が訪れていた。
既に風都に仮面ライダーは必要ではなくなっていた。

フィリップが消えてちょうど一年経った日、泥酔していた翔太郎は、踏みつけて偶然再生されたフロッグからフィリップの声を聞き、まるでフィリップがそこにいるかのような幻覚を見る。
「へへっここにいやがったのかフィリップ。待ってたぜ相棒。」
『翔太郎。僕の分析によればもう風都に仮面ライダーは必要とされていない。』
「・・・そうか。そうかもしれないな。」
『僕と一緒に風都のいや”世界の平和”を地球から見守らないか?』
「お前と一緒に・・・?」
『地球と相乗りする勇気、あるかな?』
「あぁ。行くぜフィリップ・・・」
『行くよ、翔太郎。今度こそ、僕たちは本当に二人で一人になるんだ・・・』

意識が途切れ、倒れこんでリボルキャリー格納庫の上部からコンクリートに頭から叩きつけられた翔太郎は朦朧としたまま、投げ出されたジョーカーのメモリを掴むと無意識に起動させる。
『ジョーカー!』
だがそのメモリがドライバーに差し込まれる事はなく、暫しの間起動音が格納庫に鳴り響き、そして途絶えた。


一段と強い風が吹き、風都タワーはその風を一身に受け、ゆっくりと風車を回す。
風都は今日も平和だった。

                   完


みたいな、救いようのないラストにするんですけど、やっぱり話を作る人はすごいですよね。あそこからハッピーエンドに持っていくなんてね。てっきり背中から打たれて「なんじゃこりゃー!」って叫んで死ぬ事ぐらいは覚悟してたんだけどまさか若菜姫がフィリップに体をあげるなんてな!
ああいう言い方しなくてもいいと思うのにエロいですよね。

いつの間にかWの感想と妄想になってたので感想は分けます。

テーマ : 読んだ本
ジャンル : 本・雑誌

小林泰三 人造救世主

いや読んでねーけど。

と自分で読書タグにつっこんでみたわけなんですが毎日暑いですね。(分裂症のような目で)

25日に小林泰三(こばやしやすみ)さんの新刊が出ますよー


20100823232420.jpg

っていうかなんだこの表紙

もーやめてよーこういうのーラノベかよー
ただでさえラノベと壊れたSFの中間くらいなのにこんな表紙つけられたらもろラノベじゃないッスか。

「小林タイゾーさん?あ、知ってますよ。彼の家で読んでファンになっちゃって、それから新刊を見かけるたびに買ってます。結構残酷な描写があって引くところもあるんですけど、なんか世界観が独特で飲み込まれちゃうんですよー」

とか言ってそうな27歳女美容師なんか、この表紙みた瞬間にどんびきして、踵を返してその場を離れると、途中にあった漫画コーナーでハートキャッチプリキュアのポップをニヤニヤ見つめてるヲタを汚物を見るような目で一瞥して本屋を去って行っちゃいますよ。そんで家に帰るなり泰三さんの本をゴミに出しちゃいますよ。

やっぱりね、ラノベじゃあるまいしこういう表紙はよくないと思うんです。
僕はね、誰がどう見ても隠しているつもりで実際バレバレのヲタクなんですけどこういう露骨なのは嫌なんですよ。
そりゃ小林先生の本を読みながら頭の中で再生されるのは常に漫画のキャラだったりするわけで、以前三浦綾子の氷点を読んでた時はこばやしひよこのペリドット読んだばっかりだったので、最後まで登場人物がこばやしひよこ顔してたりしたんですが、表紙が萌え絵なのはありえません!深い憤りを覚えます!


なんでこんなに怒ってるかというと、「人造救世主」というタイトルを見た時点で、僕の中では
「終わる事のない大戦を終わらせるため、第三勢力が総力を結し人智を超える科学により「超・能力」を備えた人造生命体を創り出すも、彼女が目覚めた時には双方の最終兵器が激突した後で既に9割の人類が滅亡しており、大戦を終わらせる目的を失った彼女は、生きる目的を失った人々と出会い、両者は共に新たな道を・・・」
という中二全開ストーリーと共に、黒髪セミロング白ワンピースの美少女救世主・マリア(14歳くらい)を想像していたために、もう白髪ボンテージの表紙で完全にダメ出しされちゃった感じなんですよ!妄想くらい好きにさせてよ!
っていうか誰だよマリアって。



テーマ : 読書
ジャンル : 小説・文学

セピア色の凄惨 小林泰三

ホントはSANYO社員です~小林~タイゾーです♪
じゃないんですね。小林ヤスミさんです。すみません。
でもタイプするときはめんどいからコバヤシタイゾウって打つ。

この人の作品を最初に読んだのは10年以上前ですね。
「玩具修理者」という作品だったのですがこれまたなんというか
一言で言うと基地外の世界なんですよ。異次元というか。
地味に田中麗奈主演でDVDにもなってるんですが、どうでもいいです。

で、読んでない人にネタバレするのも難なんですけどね。
つまりその、おもちゃをなんでも修理しちゃう玩具修理者が
世界に散らばった7つの歯車を集め機械の龍を呼び出して
オラを人間にしてけれろーだが断わるとかうそですーやーい

そんなわけで泰三さんの新作「セピア色の凄惨」を読みました。
読んでみて思ったのは、Web上に狂気太郎さんという真面目に
おかしい小説を書いている方がいるんですが、その方の作品
”殺人鬼探偵”の黒贄さんを連想してしまいました。
切迫してるのに依頼主にどこまでもボケているという・・・

本題です。しだいに自分の中から消えていく親友の面影を消したくないと
その友人”レナ”を探してもらうために探偵事務所を訪れたヒロイン。

彼女が持参したのは数枚の写真。依頼を受けた探偵はその写真をもとに
聞き取り調査を行うが・・・

2番目の男の話がぞくっとしましたね。それにしても泰三さんはダメ人間を
描写するのがうまいですねぇ。「奇憶」といい想像でここまで書けるのは
ほんと尊敬に値します。興味があったら是非読んでみてください。




テーマ : 読書感想
ジャンル : 日記

クロスカウンター
プロフィール

ヲサム

Author:ヲサム
ヲサムさんは子供の頃から人見知りが激しく、他人様がせっかく差し伸ばした手も、当たり前のように避けていたように思います。

ペットたち

テイル(♂)
スーパーハイポタンジェリンらしい。ウェットシェルターの毛細管現象式給水槽をトイレとして使用する割とどこにでもいる最後のサムライ。手足を体に沿わせて寝るので時々黄色い蛇になる。


リリィ(♀)
スーパーハイポタンジェリンらしい。年頃なのか体重を気にしてかご飯を食べなかったりする癖に変な時にドカ食いする。パパ若い子の心境はよくわからないよ。



(故)クーちゃん(♀)
初めて飼ったレオパ。ハイイエロー。ちなみにクーちゃんは愛称で真の名前は「紅」。ショップで気だるそうにしているところをナンパしてお持ち帰り。初めてのレオパだったので試行錯誤でした。楽しい時を与えてくれましたが最後は砂の誤食による腸閉塞で死なせてしまいました。ヲサムさんは今でもクーちゃんが一番大好きです。
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ペット
1968位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
爬虫類・両生類
46位
アクセスランキングを見る>>
ぬくぬく
すっごい回るよ
最新記事
最新コメント
名言集.com
カレンダー(月別)
04 ≪│2017/05│≫ 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
サイト内から検索するよ
ケージコロンボ
おなか空いた
チャームとどっちが安いかな
三(卍^o^)卍ドルルル
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。