FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


人造救世主の感想というかネタバレ2

結論から言うと表紙は全く関係なかったぜ。鱗でもなかったし。一体あの銀髪ボンテージは何だったんでしょう!?いや小説と切り分ければ大好きだけど。股間のデザインとかすばらしいね。

少々ネタバレしながら内容に少し触れると、組織で遺伝子操作を施された少女・ヴォルフィーが、唯一の”救世主”となるために、同様に生み出された救世主候補の少女達を時には殺し、その能力を奪ったりしながら目的に近づいていく、って話です。

登場時、ヴォルフィーが使える能力はタキオン粒子を操作して自分の周囲半径1mほどの空間を加速する”高速移動”と、体の周りにある物質を分子変換して再構成し状況に適したものに変えてしまうという”変身”なんですが、これはまだレベル1ってことで体の中の救世主遺伝子が覚醒していくと徐々に使える超能力が増えて行くのです。

ヴォルフィーは社会科見学に訪れていたエロ中学生、ひとしとアメリカ人留学生ボビー・通称ジーンズの二人に変身した所を見られてしまい、二人がその秘密をバラしてしまわないか監視するために、二人の学校の名簿と最低限の人間の記憶を改竄し、転校生として入学し行動を共にする事に。(記憶操作できるなら二人から記憶を消せって感じですが、記憶の付加は容易でも削除は容易ではないのです!すごいね!人体!)
「か、勘違いしないでよね!私はあなたたちといるのが楽しいんじゃ無くて、ただ監視してるだけなんだからね!」
とツンデれながらも、組織の研究室では無縁だった”友人”の存在を楽しむヴォルフィー。

しかしその楽しみもつかの間、組織からの刺客がヴォルフィーに迫ります。
「見つけたわヴォルフィー。・・・いえ、出来損ないの”一桁”!お父様達を裏切る者には死を!」
「出来損ない?一桁?あいつは一体何を言ってるんだいヴォルフィー?」
「・・・黙って。今はあいつを倒すのが先よ。」
「そうだね。・・・死なないでヴォルフィー。」
「もちろんよ。行くわよ!へんし~ん♪メタモルフォーゼでビートアップ!ハートキャッチ!魔法少女プリティーヴォルフィー参上!★(ピロ~ン)」
「yeah!ヴォルフィーハ ホントウニ プリティーダゼ!ディックガ バッキバキ ダゼ!」
「ジーンズ、そんな実況どうでもいいよ。彼女の邪魔になら無いように安全なところに隠れよう!」
「Oh!ディックガ アシニ カラマッタ!」
「どんだけチンコでかいんだよ!ほら早く立って!」
「モウ勃ッテルヨ!」
「うるせー!」

二人を他所にヴォルフィーは苦戦するも、最後はだまし討ちで辛くも勝利を収めます。
「く・・・救世主たるもの目的のためには手段を選ばないということかしら・・・次はこうはいかないわよ・・・必ず・・・必ず組織の人間がお前を殺す。組織は裏切り者を絶対に許さないわ。たとえそれがただの出来損ないであって」
グシャッ
最後まで言い切る前にヴォルフィーの華奢な足が刺客の頭を踏み潰し、ブーツの底からはみ出た舌が痙攣します。

「終わったんだね、ヴォルフィー。」
「えぇ。でもこれからよ。私たちの戦いは・・・」
ボロボロのコスチュームのまま夕日に目をやるヴォルフィー。
「ヴォルフィー・・・」
「あらジーンズ、珍しく真面目な顔ね。ふふ、心配してくれてたの?」
「パンティー見エテル・・・」
「え?いやぁぁあん!」
「ヴォルフィー!モウ我慢デキナーイ!」
「おっ落ち着けジーンズ!せめて三人で!僕もまぜてー!」

「1号は22号を撃破。残る手駒はあと246体・・・ふふ、期待しているよ”ヴォルフィー”」
と3人を見つめていた謎の男が去っていくところで、完結のようにも続刊するようにも思わせながらとりあえずは終了。

まぁ上の話は全部嘘ですけどね。
実際の人造救世主は買って読んで見てください。ハードボイルドでおもしろかっこいいですよ!
なんかすっごく打ち切り臭いと思ったらシリーズ化するみたいですね!刊行物が増えるよ!やったねたえちゃん!

また葵たんに会えるよ!





テーマ : 読書
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

クロスカウンター
プロフィール

ヲサム

Author:ヲサム
ヲサムさんは子供の頃から人見知りが激しく、他人様がせっかく差し伸ばした手も、当たり前のように避けていたように思います。

ペットたち

テイル(♂)
スーパーハイポタンジェリンらしい。ウェットシェルターの毛細管現象式給水槽をトイレとして使用する割とどこにでもいる最後のサムライ。手足を体に沿わせて寝るので時々黄色い蛇になる。


リリィ(♀)
スーパーハイポタンジェリンらしい。年頃なのか体重を気にしてかご飯を食べなかったりする癖に変な時にドカ食いする。パパ若い子の心境はよくわからないよ。



(故)クーちゃん(♀)
初めて飼ったレオパ。ハイイエロー。ちなみにクーちゃんは愛称で真の名前は「紅」。ショップで気だるそうにしているところをナンパしてお持ち帰り。初めてのレオパだったので試行錯誤でした。楽しい時を与えてくれましたが最後は砂の誤食による腸閉塞で死なせてしまいました。ヲサムさんは今でもクーちゃんが一番大好きです。
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ペット
1985位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
爬虫類・両生類
51位
アクセスランキングを見る>>
ぬくぬく
すっごい回るよ
最新記事
最新コメント
名言集.com
カレンダー(月別)
10 ≪│2018/11│≫ 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
サイト内から検索するよ
ケージコロンボ
おなか空いた
チャームとどっちが安いかな
三(卍^o^)卍ドルルル
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。